フォーマルウェアと言えばワンピースドレスが一般的ですが、最近はパンツドレスもデザイン性の高さから、フォーマルウェアの一つとして認識が深まってきています。アクティブに動く必要がある時、ストッキングの伝線を心配しなくてもよいこと、脚を露出させたくない、寒い日や生理中の保温対策などと支持される理由は様々です。ワンピースドレスは様々な色のものが選べますが、パンツドレスは色のバリエーションが少ないことが大きな特徴です。それだけに、バッグや靴、小物等で華やかさを補う工夫が必要になります。パンツドレス自体がネイビーやブラックなどのシックな色合いが多いので、シルバーやゴールドのラインストーンやラメがちりばめられているような少し派手なバッグや、ヒールの高い靴、ショールなどをセレクトするとよいでしょう。

種類が豊富なパンツドレスで自分らしくコーディネートする

パンツドレスは、細身でピッタリしたデザインのものはスタイリッシュで好印象ですが、スカートよりもボディーラインが出やすく、特に太ももやお尻まわりの下着のラインが見えてしまうことがあるので注意が必要です。少しゆったりしたデザインのものであると上品な着こなしができます。メーカーやブランドによって、細目のデザインのものや体系隠しでゆったりしたデザインのものなど、主力商品が違います。体系隠しが目的の場合、お腹や太もも、お尻が上手に隠れるかは実際に試着してみないとわかりません。ワイドデザインのものが主流になりますが、オールインワンタイプやガウチョパンツスタイルのものは、最近のトレンドになっています。又、色合いを1色で統一するか、上下セパレートにするかも選択肢の一つになり、それに合わせる小物類でアクセントをつけることで、コーディネートの幅が広がります。

TPOを考えて着まわせるパンツドレスを選ぶ

結婚式などのフォーマルな場では、スカートの方が格上になりますが、準礼装や略礼装であれば、パンツドレスも可能になります。つまり、主賓や新郎新婦の両親や父母に近い親戚でなければ着用ができるということです。綿や皮素材のものや、ビジネススーツは好ましくないことはワンピースドレス同様であることは言うまでもありません。最近は、パンツスーツとスカートのスーツを1着ずつ買うよりは、スカートとパンツ、ジャケットが3点セットになった商品も人気があり、TPOによって使い分ける着回しができるのでおすすめです。又、パンツの裾を床ぎりぎりまでに仕立ててもらうことで脚長効果が出ます。しかし、靴を脱いで上がることがある場合は裾が床を引きずらないように考える必要もあるので、長さの違うパンツを揃えて使い分けることも、パンツドレスをきちんと着こなす重要な点と言えます。