結婚式に招待された時、服選びは重要になってきます。マナーとして白色のドレスはいけない場合や、暗すぎず明るすぎないなどの他に女性はドレスが常識とされてきましたが、今はパンツスタイルでも大丈夫になってきました。芸能人の方がパンツスタイルで結婚式に行った写真をSNSなどに挙げはじめ、それを見てパンツスタイルで結婚式に行く女性が増えていっています。パンツスタイルといってもいろいろとありますが、なかでも初心者でも入りやすく失敗しにくいのはパンツドレスです。パンツスタイルのコーディネートで気をつけないといけないのは、普段着に見えない、オフィススーツのように見えない、暗くならないという点です。それがパンツドレスだと華やかさはあるけれど、きちんとした印象がありフォーマルな場所でも違和感のない着こなしができます。

パンツドレスはどんな人が着ているのか

パンツドレスを世の中に広めたのは芸能人の方々と言っていいでしょうが、なぜ芸能人がみんなパンツドレスを着るのかというと流行している物だからというのも関係してきますが、背が高いというのもパンツドレスを着る理由になっています。今までの結婚式用のドレスだと丈が足りなく着こなしにくく、脚を露出しているように思われてしまうので、背が高い方や脚が長い方はパンツドレスの方が着こなしやすく、清楚感も出てきます。他にも余興でダンスなど動くものをする方や、2次会の幹事、お子さん連れのお母さんなど、動くことやいざというとき素早く動かないといけない時にドレスだと動きにくく、下着が見えてしまわないか気になってしまいます。パンツドレスだと動きやすく、ドレスの裾を毎回気にしないで済むので楽です。

パンツドレスの注意すべきこととコーディネート

パンツドレスは最近になって結婚式でも着ていいとされてきましたが、やはりまだ浸透はしていません。親族側で出席する場合や、年配の方が多い結婚式だと避けた方がいいでしょう。一番確実なのは新郎新婦に確かめて了承をとることです。それでも不安な方は結婚式や披露宴はドレススタイルで、1.5次会や2次会はパンツドレスで参加するのがいいです。まず一番大切なのは華やかにすること。やはりドレスの方が華やかに見えますし、知り合い以外の方もたくさんいる場所では、一見スタッフさんに見間違われることもあるので、レースがあしらわれているものや、大きめのアクセサリーやピンヒールで女性らしさと華やかさを表現できます。また足首が見えるタイプのパンツドレスなら、キラキラとしたアンクレットをつけて、ロングタイプでもヒールにかかるアンクレットをつけることでぐっと上品さが出てきます。