結婚式といえば、一般的にワンピースドレスが主流でパンツドレスはタブーとされてきました。パンツスタイルそのものがマナーに反しているというわけではなく、パンツがセパレートに分かれていることから縁起が悪いとされてきたのです。ですが、現在では結婚式スタイルでパンツスタイルをメインに取り上げた雑誌や、オールインワンタイプの物と多くの種類のデザインが出回るようになっているのです。最近では、ガウチョパンツドレスになっているものやおしゃれなデザインの物もあるので、周りと個性をつけたい方やフリフリしたドレスが苦手な方には選択の幅が増えたと言えるのです。着ていく場所によっては、生地やデザインに注意し小物類を上手く取り入れることで簡単にドレスアップすることができるのも特徴的だと言えます。

パンツドレスでスタイル美人が手に入る

一昔前のパンツスーツのスタイルとは違い、デザインもスタイリッシュに進化をしているので、着こなし方によってはとても魅力的なスタイリングに仕上げることができます。パンツドレスでは、カッコよくドレスアップすることができ、小さなお子さんがいてもパンツスタイルであれば動き回りやすく、フォーマルシーンだけではなく普段着として着まわすことができるなど、活用の幅が多いことも魅力となっているのです。着こなす際には、最低限のマナーを守る必要があります。素材に綿や革を使用している物、上下真っ白の服、ビジネススーツやリクルートスーツは避けることが厳守となります。また、ワンピースドレスと同様に肩が出ているデザインでは、ショールなどの羽織ものを上手く活用して隠すことが一般的なマナーです。

パンツドレスの仕上げには小物類を散りばめて華やかさをプラス

パンツドレスのほとんどは、シンプルなデザインが多くなっているのでアクセサリーなどの小物類を上手に活用することで、上品で華やかなスタイルに魅せることができます。パンツドレスでは、脚長効果を狙うことができるのでネックレスで縦のラインを強調したり、高めのハイヒールと合わせることでスタイル良く魅せることが可能になります。羽織ものを替えるだけで、シーンが変わっても着こなすことができるのもパンツドレスならではの特徴です。二の腕のたるみを隠したい時には、ケープタイプの物を身につけることで腕全体を覆うことができるので気にならなくなります。小さい子供がいるママでは、授乳の際に裾をめくりあげなくてもいいのでとても楽です。着回しで1着持っておくなら、ブラックやネイビーが良いかと思います。普段着としてコーディネートができますし、小物を合わせることで華やかな場に合うようになるのでおすすめです。